第22回公開気象講座(2018)

集中豪雨 知る・診る・備える

記録的大雨をもたらす線状降水帯、局地的な豪雨。その発生メカニズム、最新の予測技術と観測体制の強化、 減災のための防災気象情報伝達の取り組みについて解説します


日時: 2018年8月24日(金) 13:00−16:30
場所: 名古屋市科学館 サイエンスホール

  受講無料 (科学館観覧料が必要です)
  定員 300名 (対象:高校生以上。先着順)


プログラム       司会 水嶋 千詠 (気象予報士)
集中豪雨と線状降水帯
    加藤 輝之 (気象庁 観測部観測システム運用室 室長)

最新の気象レーダで診る豪雨
    高橋 暢宏 (名古屋大学 宇宙地球環境研究所 教授)

近年の豪雨災害と災害情報
    牛山 素行 (静岡大学 防災総合センター 教授)

展示
  • ホワイエにて、防災に関する展示を予定しています(名古屋地方気象台)
  • 科学館生命館3Fに気象・防災に関する展示があります(開館時間 09:30〜17:00)

    主催: 日本気象学会中部支部
    共催: 名古屋地方気象台 名古屋市科学館
    後援: 名古屋大学宇宙地球環境研究所 日本気象協会中部支社 日本気象予報士会東海支部